自分の愛し方が分からない

恋愛依存の人は、なぜ、自分の愛し方が分からないのか?

親に見捨てられてしまったり、虐待を受けてきた過去を持つ子供は、まっとうな愛情を知らないで成長してしまいます。

 

親から当然に与えられないといけない愛情は、温かい家庭で育った人にとっては、自然と心の奥底から湧き上がってくるものです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、親から温かい愛情を受けられなくて、成長した場合、誰もその愛情を教えてくれないのが現実です。

 

その為に、自身の愛する方法も分からなくて、それを学習する事も出来ません。

 

このことも、自己評価の低さに繋がっていきます。

 

大人同士の健全な人間関係を持つ時に、自分は、価値が低くて、欠落した人間なんだ、と思うようになってしまいます。

 

わたしの場合、相手より、自分の存在を低いところに置いて、一歩引いて、彼を支えていたんです。

 

彼に強く意見したりせず、彼の言う通りにして、過度な奉仕をしていました。

 

これは、「自身の価値」を正確に捉えられていなかったんです。

 

このことが、主な原因となり、誰もが羨ましがるような幸せな恋愛が出来なかったんです。

 

スポンサーリンク


page top