恋愛依存症の特徴

恋愛依存症の特徴と克服方法を知っておこう!

恋愛依存症とは、どういった状態のこと指すのでしょうか?

 

下に挙げる事柄で、あなたに当てはまるところがあれば、恋愛依存症の可能性があるかもしれません。

 

注意が必要でしょう。

 

スポンサーリンク

 

①相手に捨てられる不安が常にある

 

恋愛依存症の人は、「相手の為にいい人間でないといけない」という思いが強く、相手に見捨てられることを恐れていたりします。

 

相手から「別れたい」と言われないよう、相手の言うことをなんでも聞いてしまったりします。

 

そのせいで、相手が図に乗って、無茶苦茶な要求をした場合でも、それに懸命に応ようとしてしまうところがあります。

 

しかし、そんな姿が嫌になり、最後は、相手から別れ話を切り出されてしまうので、なんでも相手の言うことを聞くの止めた方がいいでしょう。

 

②自分自身に自信が持てない

 

恋愛依存症で、多くの人に共通するのが、「自分に自信がない」という事なんです。

 

スポンサーリンク

 

例えば、容姿が良くて綺麗な女性であっても、恋愛だけ劣等感が強い人もいます。

 

恋愛は、相手がいて成り立つの自分だけでは、どうにもならないですよね。

 

誰だって、嫌な思いをしたことはあるでしょう。

 

しかし、恋愛の失敗を重く受け止め過ぎたりすると、恋愛に対して、自信がなくなってしまいます。

 

「愛される為に色々と努力をしないと!」と過度な行動に出てしまう事があります。

 

努力して自分磨きをすること自体は、悪い事ではないです。

 

スポンサーリンク

 

しかし、あまりハマり過ぎてしまうと、自分自身の短所も見えてくるもです。

 

女性の場合は、相手に好かれようとするあまり、尽くす女になってしまいがちですよね。

 

しかし、それで、アナタに相手が振り向いても、それは、本来の自分ではなくので、辛い思いをしなくてはいけなかったりします。

 

③相手のことを最優先に考えてしまう

 

相手がこうだからと、全てにおいて、自分ではなく、相手の事を最優先に考える人です。

 

一途な人でいいじゃないか?と思う人もいるかもしれませんが、悪い面の方が多いと思います。

 

恋愛は、必ず結婚に結びつくとは限りません。

 

スポンサーリンク

 

結婚をしても離婚をするかもしれません。

 

相手の事を最優先に考えるという事は、もし、相手と別れた場合、全ての心のより所をなくしてしまいます。

 

それに耐えられないので、相手に過剰にすがったり、色々な人にアプローチして、いつも恋愛をしていないと気が済まないようになるのです。

 

④メールやLINEの返事が遅いと不安になる

 

恋愛依存症の人は、恋人といつも連絡を取っていないと、不安になる傾向があります。

 

あと、相手から連絡が遅くなると、他の人と会っているじゃないかと不安になります。

 

しかし、それは、ただ単に、相手が仕事が忙しいだけなのかもしれませんよね?

 

スポンサーリンク

 

相手から直ぐに連絡がないからといって、何度も自分から連絡をするのは、止めましょう。

 

相手のことを信頼して待つことも恋愛においては、大事だと思います。

 

一方的に連絡をすることは、相手から見ると、重い人間に見られる恐れがあり、相手から嫌われてしまう原因にもなります。

 

⑤相手との仲が悪くなると、他の事を考えられなくなってしまう

 

恋愛依存症の人の中には、相手とケンカをすると極度に落ち込んで、仕事などの他の事が全く考えられなくなってしまう人がいます。

 

そうなってくると、仕事の意欲も上がらず、周りの人に迷惑をかけてしまったり、色々と支障があるでしょう。

 

スポンサーリンク

 

相手とケンカした後、自分でストレスの発散をしましょう。

 

ストレスを発散するのが上手くない人は、仲直りをするか時間が経つのを待って、気持ちをちょっとづつ回復させていくのが大切です。

 

恋愛依存症の人は、相手と上手くいっているときはいいですが、ケンカをして落ち込む時間が長くなってくると、非常に辛いので、相手以外の事にも興味を持ちましょう。

 

⑥興味のある事が彼、彼女だけになっている人

 

相手に必要とされている事が全てになってしまっている人は、恋愛依存症の可能性が高いです。

 

相手の事が全てだと考えているので、相手以外の交流関係を断ち切ってしまったりします。

 

スポンサーリンク

 

あと、誰かと約束をしていても、相手との予定を優先したりします。

 

又、恋愛依存症の人は、相手の同性の友人にまで、嫉妬したりします。

 

相手にも自分以外の人と、関係して欲しくないからなんです。

 

しかし、世の中は、彼や彼女しかしないわけじゃありません。

 

彼や彼女以外の友人と遊ぶ時間を作ったり、夢中になれる趣味を見つけて、彼や彼女以外の事を考える時間を作っていきましょう。

 

⑦次々に恋愛をする人

 

相手と別れても、直ぐに他の相手と恋愛をする人も、恋愛依存症の傾向があります。

 

スポンサーリンク

 

そういう人は、1人の相手に拘るのではなく、相手の事をよく分かりもしないで、恋愛にだけに依存してしまっている人です。

 

次々に新たな相手を見つけて、恋愛をする人は、恋愛をしている時は、楽しくて仕方ないかもしれないですが、いい恋愛が出来ているとは言い切れないんじゃないでしょうか?

 

そういう人は、周りから見ても、軽薄な人だと思われるかもしれません。

 

相手と別れて寂しくても、直ぐに他の相手と恋愛をしないで、相手の性格をよく見極めることが、恋愛を失敗しない為には大切でしょう。

 

⑧幼少期の親との関係に問題がある

 

恋愛依存症になってしまう人は、愛情不足が原因の場合があります。

 

スポンサーリンク

 

この愛情というのは、なにも恋愛だけじゃありません。

 

子供頃の親からの愛情が足りない場合が関係していたりします。

 

アダルトチルドレンと言われる人が恋愛依存症になり易いと言えるでしょう。

 

アダルトチルドレンの詳しい解説⇒

 

親から家庭で、しっかりと躾られたような女性でも、教育方針が厳しすぎて、価値観が固まってしまい、女性は男性に尽くすのが当たり前だとなり、頑張り過ぎて、「重い女だ」と思われてしまう場合があるようです。

 

こういう人は、相手が求めている愛情に気づかずに、自分がどう頑張るかだけを考えてしまったりします。

 

スポンサーリンク

 

もしも、どう頑張っても、最後には、相手に振られると感じたなら、自分の愛情がどのぐらい満たされているかを見つめてみた方がいいと思います。

 

一見、なんでこんなにいい人がいい恋愛を出来ないんだろう?と疑問に感じることがあります。

 

その人に話を聞くと、子供の頃の親からの愛情が今の恋愛に影響していると感じる事が多いのです。

 

恋愛依存症の特徴と克服方法のまとめ

 

これらのことは、恋愛依存症の人に多くみられます。

 

恋愛がないと、生きていく事が出来ないというのは、大きな誤解だと思います。

 

恋愛にのめり込み過ぎて、自分のことを忘れてしまい、相手に尽くし過ぎたりしないようにしましょう。

 

スポンサーリンク


page top