恋愛依存症とインナーチャイルド

恋愛依存症とインナーチャイルド。遠距離恋愛をしているトラウマのある女性。

遠距離恋愛をしている女性からの相談です。

 

この方は、子供の頃の親との関係が原因で、恋愛依存症になったのではないかと感じているようです。

 

回答にインナーチャイルドについての解説もあります。

 

スポンサーリンク

 

Q:恋愛依存症の治す方法について相談があります。

 

わたしは、彼氏に対して、恋愛依存症の症状が出ていると思っています。

 

わたしは、彼氏のことが全てで、ちょっとでも、彼から拒否されると、仕事も休んでしまい、何もできないぐらいに落ち込みます。
彼は、わたしの事を安心させる人ではない気がしています。

 

でも、彼のことが好きなんです。

 

この前も、会える約束だったのに、彼の仕事で会えなくなりました。

 

わたしたちは、遠距離恋愛なので、最後に会ったのは、1か月前です。

 

スポンサーリンク

 

彼氏は、自分の趣味の為なら、仕事を休んだりします。

 

この会えなかった1か月も、車の趣味を仕事を休んでしています。

 

わたしには、仕事だと言っていましたが、後で、趣味で仕事を休んだのを知りました。

 

彼氏には、その事を言っていません。

 

今までは、彼の休みが取れると、わたしに会いにきていたので、悲しいかったです。

 

彼のわたしへの気持ちが離れていっていると思い、何通も彼にメールしてしまいました。

 

おそらく、もう、彼には嫌われていると思います。

 

スポンサーリンク

 

彼とケンカして、泣いてるときには、子供のころの寂しかった記憶が蘇ります。

 

親に自分のことを分かって貰いたくて、泣いてた自分の記憶です。

 

彼が帰るのが遅くなったときは、子供の頃、母が帰ってくるのが遅くて、泣きながら、家で1人待っていた時の記憶も蘇ってきます。

 

わたしの恋愛依存の傾向は、子供の頃にあるような気がしています。

 

あと、前に、摂食障害もあり、今は、克服しています。

 

彼とは、別れたほうがいいんでしょうか?

 

また、わたしの状態は、精神科や心療内科などに行った方がいいのでしょうか?

 

スポンサーリンク

 

A:ご自身で気付いている通り、子供のころに原因があるのでないでしょうか?

 

やはり、子供の頃に一緒に居て貰えなかった幼少期に原因がある気がします。

 

アナタは、幼少期に欲しかった親の愛情が満足に得られなかったために、摂食障害や恋愛依存になった可能性があると思います。

 

幼少期の寂しさや不安感がキズとなり、現在のアナタを苦しめている気がします。

 

そして、幼少期に親に癒しを求めて得られなかった気持ちが彼に対して、癒しを求めているのではないでしょうか?

 

しかし、このキズは、彼やカウンセラーなどに手助けしてもらう事は出来ますが、結局、自分自身で癒す事しか出来ないと思います。

 

インナーチャイルドという言葉を聞いた事がありますか?

 

例えば、5歳の時に、心にキズを負うと、自身の中に、傷つき易い5歳のままで成長しない子供の気持ちが残って、子供の頃と同じような状況になると、5歳の子供の気持ちが表れるようなイメージです。

 

今の自分が、5歳の頃の自分の悲しみや不安感を受け止めてあげて下さい。

 

スポンサーリンク

 

今の自分が、子供の自分に対して、「辛かったね。大丈夫だよ。」と安心させてあげることです。

 

今は、この役を彼に求めてしまっているから辛いのだと思います。

 

アナタのキズは、彼が原因じゃにのに、彼を責めると、2人の関係は悪くなるでしょう。

 

きちんと自分に向き合って、解決していくようにしましょう。

 

自分のキズを癒すと、彼との関係も良くなると思いますよ。

 

実は、わたしも、過去の心のキズが原因で、旦那に依存してしまうところがあって、カウンセリングを受けたりしたことがあります。

 

今は、「自分自身で、自分の問題を解決するよ。」と旦那に言っています。

 

完璧には恋愛依存症を治せないですが、前より喧嘩は少なくなりましたよ。

 

スポンサーリンク


page top